皆既日食

 日本中が期待していた皆既日食ですが、残念ながら私は見ることができませんでした。
ちょうど、ピークだろうなという時間には亀山市役所の駐車場にいたのですが、厚い雲に覆われていて見えませんでした。雲に覆われていても辺りは暗くなるのかと勝手に思っていたのですが、普段どおりの曇り空だったのでなんだか物足りない感じでした。
まぁ、幸い見ることが出来たところもあるようなので、家に帰ってからニュース番組でも見ようと思っています。

 実は最近、ますます太ってきまして、会う人皆にどうしたのかと尋ねられる始末なんです。
どうしたの?と聞かれても答えは簡単。不規則な生活と食事、そしてビールの飲みすぎです。とにかく、あまり家でご飯をたべることがありません。週に4日は外食ですし、その度に、つい飲んでしまうので、当たり前のようにビール腹になってしまったということですね。
 女性なのにビール腹って最低最悪ですよね。しかも、年相応にからだ全体も中年太りに一直線!

何年か前までは、「いくら食べても飲んでも太らないのね」とか、「子供を生んでもウエスト58cmなんてすごいね」とか言われていたのに、どうなん これ!
というわけで、一念発起した私は、今朝からコアリズムを再び始めました。しかも、サウナスーツを着て。
しかも、ずっと行ってなかったエステも復活させます。
8月の終わりには、絶対体重マイナス5キロ、ウエストマイナス10センチを達成したいと思っています。
乞うご期待!
# by ys-sekkei | 2009-07-22 18:11

雨天中止

 今日はお天気が良かったら、今頃はまだ甲子園にいたのだけれど、生憎の雨で早々と試合の中止が発表されてしまったために、当然お仕事を頑張っていました。

で、よく考えてみたら今日は夕方からライオンズクラブの理事会だったので、慌てて駆けつけたわけなんですが、これを忘れて無断欠席なんかしたら自分の信用が無くなってしまうので、冷や汗ものでした。

 クラブには3年くらい前に、同業の小久保先生や大野工務店の社長に誘ってもらって入会したのですが、最初は私なんかが居ていいところなのかどうか、随分不思議に思いました。でも、その頃、いずれは事務所を鈴鹿に移す予定だったから、できるだけ知り合いが多いほうが心強いなーと考えて、出来る限り積極的にメンバーの方々と話をさせてもらったり、下手なゴルフで恐縮しながら月例コンペに参加することにしました。

おかげさまで、今では女扱いもされず(涙)に、皆さんが気さくに付き合ってくれてて本当にありがたいです。
委員会や例会など、たくさんあって大変なこともありますが、予定時間をだらだらオーバーすることもなく、皆さんも終わったら、さーっと解散するし、とにかく時間にきっちりしていて、仕事にも戻れて助かっています。

 クラブを通じて仲良くさせてもらっているメンバーのお一人で、歯科医の鳴神先生が近所に住んでらして、安くて美味しい居酒屋さんや、焼肉屋さんを教えてもらったり、いろんな人に紹介してもらったりとすごく良くしてもらっています。

実は、先生にずっと前から話を聞いて楽しみにしていた、神戸の「石取祭」が今週の土曜日と日曜日に開かれるのですが、なんとメイン会場はうちの事務所の前の通りだそうで、せっかくだから、友達とかいっぱい呼んで、駐車場で食べたり飲んだりしながら、祭りを思い切り楽しもうということになりました。

土曜日の午後からは、きっと仕事も手につかず、早くからビールとか飲んでるだろうなぁ。
私は、とにかくイベント大好き人間なので、こういう素晴しい機会があれば、楽しまなくちゃ損だよねっていう気になります。当日のお祭りのスケジュールは、「神戸石取祭 六郷連」の会長の鈴木さんにしっかり教えてもらったので、その時間に合わせて、皆で思い切り盛り上がろうと思っています。
# by ys-sekkei | 2009-07-21 21:38

息子 オランダ出発

 今朝は5時半に起きて、セントレアまで息子を見送りに行きました。今日から約1ヶ月間、ライオンズクラブの交換留学生としてオランダに行かせて頂けることになったからです。
実は彼は武蔵野美大の建築学科の4年生、国立市に住んでいます。本当なら卒業制作に忙しい時期であり、この不況の中、就職活動もしなくてはいけないところですが、せっかくのチャンスなので行かせていただくことにしたわけです。ちなみにオランダは息子の希望で、建築の勉強になるからと選んだようです。

私としてはうらやましい限りで、時間とお金に余裕があれば行きたい街がいっぱいあるのですが、まぁ、今は我慢、我慢。

10時出発だったから、多分12時間後には現地に着いている頃でしょう。
ちなみに彼は一人旅なので、フランクフルトでの乗り換えとか大丈夫かなーとか、過保護に心配しています。
でも、今は携帯電話というとても便利なものがあるので、トラブルがあってもすぐ連絡を取ることが出来て安心ですね。
1ヵ月後、どのように彼が成長して帰ってきてくれるかが、楽しみです。

 ところで、昨日までの阪神ー巨人3連戦、すごく感激しましたね。
本当は毎日でも、応援メッセージを書きたいところですが、残念ながら今期はタイガースの調子が悪いため、
書けば愚痴になるといけないので我慢をしていました。
でも、この3連戦は初日の9回裏に鳥谷クンの2ランホームラン、そして昨日は延長戦でのアニキ(私よりずっと年下ですが)のホームランと、テレビの前で、メチャクチャ喜んでいました。
隣の部屋の人は迷惑だったかも。ただし、衛星放送とか、スカパーとかの契約をしていないので、テレビ中継がその一番良い場面で終わってしまい、球児がその裏の攻撃を抑えるところを見ることが出来ず、仕方がないので、携帯のタイガースサイトの一球速報を見てました。

 普段、仕事が終わるのが遅かったり、おつきあいがあったりと、リアルタイムでテレビを見ることがほとんど出来ません。だから、深夜のニュース番組で見たりしてるので、こうやってテレビ中継を見るのは久しぶりで嬉しかったです。

ちなみに甲子園や名古屋ドームには、結構行きます。
実は、明日も甲子園のライト側のアルプススタンンドにヤクルト戦を観に行きます。
その後は、8月2日の巨人戦を大工さんたちと5人で一緒に行くのですが、その内の一人池田くんは大の巨人ファン。レフト側のアルプスで喜んでいましたが、残念ながら甲子園はレフト側も阪神ファンでいっぱいなんだよー!

その後の名古屋ドームも多分行きます。阪神ファンは成績が悪くても、応援には行くのよ。
ずっとドベ争いをしてた頃からも見守ってきてるので、別に気にしないの。

って書くと、仕事しとんのかい!という突っ込みが入りそうですが、心配ないさー。
3時頃、事務所を出てね、神名神高速道路を通って、名神西宮までなんと1時間半なんですよ。
だから、よほど渋滞とかない限り、5時頃には甲子園で焼き鳥食べてビールを飲んでるのよね。

で、試合に勝ったらヒーローインタビューの後、六甲おろしを歌って家に帰るのです。負けたら、泣きながらさっさと帰るのさ。もちろん、運転する人はお酒が飲めない人にお願いしています。
家に着くのが、12時前。お風呂に入って一旦寝て、4時起きで仕事をすることもありますよ。
そうまでして、なんで行くかって?好きなんだもーん。臨場感。特に甲子園はドームじゃないから、開幕のころはめっちゃ寒いし、夏場は夕方の西日で真っ黒になるけど、陽が落ちてくると浜風がすごい気持ち良くて最高の雰囲気です。その中で大声出して応援してると日頃のストレスなんか溜まる暇もないのよね。

 あの、甲子園で投げてる相手チームのピッチャーはすごいプレッシャーだと思うのですが、それを見て私も逆境の中でも強い意思を持たなくちゃという気にもなりますし。
良かったら、皆さんも一度球場にお出かけください。

さて、息子のおかげで久しぶりに祝日に休みを取ることが出来ました。普段は土、日も仕事してまして。
昨日はお客さんとのおつきあいでゴルフに行ってたのですが、あまりの暑さと湿度の高さに参りまして、なんとか18ホールまわれて良かったのですが、帰る時、車に乗った途端、もわーんとした空気にやられ、ゲロってしまいました。皆さんもくれぐれも熱中症には気をつけてくださいね。
# by ys-sekkei | 2009-07-20 18:00

名阪国道のこと。

 午後から、名阪国道整備促進協力会の総会に出席するため、伊賀市に行ってきました。
「みえの道・女性会議」の代表として協力会のメンバーに入ってるからなんですけれどね。

 名阪国道を走ったことがある人なら分かると思うのですが、大変怖い道なんです。何が怖いかというと、名阪国道は自動車専用道路なんですが、高速道路ではないので60キロ制限なんですよ。
なのに、誰も60キロで走っていないというか、制限速度を守っていると後ろからかえって怒られるくらい皆、スピードを出して走るんです。
 と思えば、坂はきついし、カーブも多いこともあって、大型のトレーラーとか過積載のトラックとか極端に遅い車も走っています。女性や年配の方が運転する軽自動車を見ると、大丈夫かなと余計な心配をしてしまうくらいなんです。
しかも、東名阪と西名阪にサンドイッチ状態だから、高速道路と勘違いしている人も多いんじゃないかなぁ。

今日の総会の中でも話があったのですが、この名阪国道は平成16年から5年連続自動車専用道路の10kmあたりの死亡事故発生件数が全国ワースト1なんですって。私も、何度か、事故を目撃しました。
一度なんか、私の車の2台前の車が、突然、中央分離帯にぶつかって、弾みで走行車線の横のがけにぶつかって止まりました。運転手さんは無事なようでしたが、交通量も多く、他の車を巻き込まなかったのが不思議なくらいです。ほんとに怖かったです。

というわけで、伊賀市と亀山市でつくるこの協力会は、名阪国道の事故を少しでも減らせるような整備促進を進めようとしているわけなんですね。
 メンバーには、同じ「みえの道」の幹事である伊賀市会議員の渡久山さんや、「伊賀の道・女性会議」代表の
半田さんも入ってまして、2年前には「忍者もびっくり!命がけの道」というキャッチフレーズで名阪国道フォーラムを開催し、安全な道になるように訴えました。

 自分の仕事に関係があるわけではないのに、何故、道路のことをそんなに熱心にやっているのかと聞かれるのですが、答えは簡単、「乗りかかった船」だからです。
なんでも、やるからには一生懸命。実は、興味ないことには全く無関心なんだけどね。
 
# by ys-sekkei | 2009-07-17 19:50

大工さんと家をつくること

 今日は午前中に検事さんと会って、事件の参考人としていろいろな質問に答えてきたのですが、もう今までにも何回も刑事さんに話したことの再確認だったこともあって、もう慣れてしまった感がありました。
しかし、こんなことに慣れるっていうのもおかしなものですが、、考えてみればこうやって何回も何回も繰り返して聞かれているってことは、「もしも自分が・・・」という風に考えた時に、間違いないようにちゃんと調べてくれているんだと思って、なんとなく安心しました。

 ということで、午前中は仕事にならず、その後は住宅の新築の設計の依頼をいただいたので、初打合せ。
まずは、どんなお家にしたいか、しっかりお話をお聞きしました。

今回は地元の大工さんの紹介ですが、最近では、大工さんに新築の依頼をしてくれる施主さんが、どんどん減っているんですよ。まぁ、いろいろ原因はありますが、大手のハウスメーカーやビルダーさんが増えて、どんな田舎に住んでいても、家を建てる時の情報は十分得られるし、選択肢が増えたことで競争も激しくなったわけで、今までどおりにいい仕事をしているだけでは、なかなか難しいのが現実です。

 そこで、私の知り合いの若い(40歳前後)大工さんたち3人が手を結んで、「亀山 匠の家」というグループをつくりました。具体的にどういう活動をしていくのかは現在模索中のようですが、3人とも伝統工法の木組みはもちろんのこと、ただ、かたくなにこだわるのではなくて、現在の生活にあった建築ということにも、真剣に取り組んでいるみたいです。
なので、彼らの今後にすごく期待をしているし、出来る限り応援したいとも思っています。

 今日紹介してくれた大工さんもその内のひとりですが、「家をつくる」ということは、住む人と設計する人、そしてつくる人がきれいな正三角形のかたちでいることが、理想だとつくづく思っています。
だって、その内のだれかが一番えらいとかじゃなくて、三者の想いがひとつになれば、家が完成したときにきっと皆が喜びあえると思うのですよ。

是非、今回のお施主さんともそういう関係をつくって、喜んでもらえるように頑張りたいと思っています。
ちょっと計画期間が短いのがつらいのですが、来年早々には住みたいわという希望なので、完成したらオープンハウスのご案内をさせていただきますので、また、良かったらお出かけくださいね。
# by ys-sekkei | 2009-07-16 21:13


虎キチ建築家の日々のあれこれ


by 亀山虎子

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2019年 01月
2018年 11月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

メモ帳

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
建築・プロダクト

画像一覧