裁判を初体験

 今日は某民事事件の証人として、生まれて初めて裁判所で証言してきました。
別に自分が何かしたわけでもないのに、法廷に入るだけでドキドキしてしまうのは、スピード違反もしていないのにパトカーを見かけただけでドキドキするのと全く同じですね。

 テレビドラマでよく見る法廷と似ていましたが、裁判官はお一人でした。
あと、記録をされる女性と、両側に弁護士さん。
ドラマの見過ぎで、弁護士さんのイメージを勝手に想像してしまい、厳しい追及とかされたらどうしようとか、これまた勝手にビクビクしてしまっていたのですが、質問が始まると、当たり前ですが知ってることしか話をする必要もないわけで、とりあえず無事に終わって帰ってきました。

 弁護士の先生とは、事前に2回くらいお会いしていましたが、同じ「士」の付く資格でも、建築士とは大違いですよね。なんたって、威厳があるし、世間的にも「先生」として敬われているじゃないですか。
私たちも一応「先生」って呼んでもらったりするんですが、どーも「センセー」って聞こえるのはなんで?
まあ、自分たちが頑張っていい仕事をして、皆さんに認められる努力をするjことが大事だってことですよね。

っと、話は逸れましたが、さっきの裁判の話に戻ると、私は被告の方もよく知っているので、本当はこういう風に争い事にならずに、なんとか円満解決の道はなかったのかなーとつくづく思います。
だって、裁判で決着が着いたとしても遺恨が残る気がするからです。
お互いが少しずつ、否をを認めて謝ったらなんとかなるんじゃないかと思うんですが、甘いかな?

 実は明日の朝も、別件で、検察庁に行って、なんと検事さんにお会いすることになってまして。
私自身、なんで、2件も重なってこんなことに巻き込まれているんだろうと、不思議でしかたがありません。
まあ、これも何か私にとって必要なことなんだろうかなーとは思うようにしていますが。

皆さん、知ってましたか?警察の事情徴収ってすごい時間かかるんですよ。しかも何回もあります。
カツ丼とかも当たり前ですが出ませんし、お茶すらあまり出てこないのよ。
それで、刑事さんが調書を作成する間、ずっと待っていて、それに間違いがないかどうか確認して署名捺印するんですが、だいたい2,3時間かかるんですよ。
犯人でもなく、ただの係わり合いのある人間としてってだけでですよ。

 私は刑事ドラマが大好きで、最近まで「臨場」とか「ハンチョウ」とか全部見てたんですが、あんなにスムーズに捜査が進むわけがないっていうのだけは、実感として分かりました。
現に刑事さんたちも、「2時間で解決できたらいいよねー」と笑っていましたけど、笑い事じゃなくて本当に大変なお仕事なんだなーと思います。

とにかく、今後はこういうことに遭遇したくありませんが、もし、自分が裁判員に選ばれたら?っていうシュミレーションには少しはなったみたいです。

 さて、昨夜はうちの事務所の引っ越し祝いのパーティを有志の皆さんが開いてくれて、夕方6時から20人くらいでお店も貸切で食べて飲んで、それからクラブとかスナックのはしごで3件ほど連れて行ってもらったから、帰りが当然、めちゃくちゃ遅かったということで、今日こそはちょっと早く家に帰りたいぞ!っと思っています。
# by ys-sekkei | 2009-07-15 19:44

Ciao Ciao

 うーん、暑いですね。
朝から、亀山市川合町に建築中のイタリアンレストラン「Ciao Ciao」の現場打合せに行って来ました。
めちゃくちゃ暑くて、立っているだけでも汗がすごいのなんのって。

でもそんな暑い中、基礎工事をしてくれている作業員さんたちには感謝、感謝です。
そういえば、最近の建築の現場には若者の姿があまり見られず、高齢化が進んでいます。3Kと言われて嫌われているからでしょうか。
テレビでは、仕事がないということで失業者が増えていると報道され続けているけれど、建築現場に進んで来てくれる若い人があまりいないのは寂しいことですね。

ところで、この「Ciao Ciao」は、亀山の大寿司さんとパン屋のネオさんの奥に建てているんですが、外観が
イタリアの有名な街「アルベロベッロ」をイメージしています。
建物のオーナーさんが、実際に現地に行って決められたので、撮ってこられた写真をもとに図面を描きました。

 実は、犬山のリトルワールドに本物があるということで見に行こうと思ったのですが、結局行けずに着工の日になってしまいまして、なので、どうせ見に行くのなら、イタリアに行きたいなーと思っています。
何年か前に、事務所のスタッフ皆で積み立てをして、スペインとイタリアに行ったのですが、すごく良い刺激を受けました。せめて一年に1度くらいは、海外とは言わなくても、日本のどこかしらにでも出掛けて行って、何かを感じたいものです。

さて、「Ciao Ciao」の完成は10月頃、OPENしたら 是非皆さん美味しいピザやパスタを食べに行ってくださいね。ワインの種類も多いとのことです。
# by ys-sekkei | 2009-07-14 16:12
 6月7日に事務所を鈴鹿に移したのですが、前後1ヶ月というものは公私ともにメチャ忙しくて、全くブログの設定すら出来ませんでした。
ようやく、移転の案内も皆様に出すことが出来たし、お仕事もなんとか普通に出来る状態になったので念願の
虎キチ日記を書くことにしました。
でも、毎日がタイガースの応援日記なんてことはありません。
お仕事とかいろんな活動の中で出逢ったおもしろい話を書いていこうかなーと考えています。
まぁ、今年はタイガースも苦戦が多くてあんまり楽しい話が書けそうもないですしね。


 さて、昨日は東京都議選が行われ、民主党の圧勝ということで朝からワイドショーも大賑わいでしたね。

私はあんまり選挙自体には興味がないのですが、ここ数年、「みえの道女性会議」の活動を通じて、政治家の先生とお話をさせていただく機会が結構ありまして、その中で人間的にすごく好きだなーと思う方が何人かいるんです。前の前の国交省大臣の冬芝先生とか、今回、東国原知事騒動でえらいことになってる古賀先生なんですけど。
 こう書くと「えー!道路族か!」と言われそうですが、まぁ、「みえの道女性会議」の主な活動が道路の整備促進の要望なんだから、まさしくそうかもしれませんね。
今の世の中、道路をつくれとかいうと、すぐ税金の無駄使いとか言ってめちゃくちゃ非難されてしまう傾向にありますが、本当にそうなのかどうなのかは、書き出すと長くなるので、また今度、ゆっくりと。

 さっきの話、なんで好きなのかというと、お二人ともすごく「誠実」だからです。
私たちみたいな、どこのおばちゃんかもしれない人たちを相手にしてても、ちゃんと話を聞いてくれるし、ただ聞くだけじゃなくてちゃんと答えてくれるんですよ。すごく短い限られた時間の中でです。
 しかも、何回かしか会ってないのにちゃんと名前を覚えてくれてるんですから、すごいです。

 他にも、三重県では千秋先生とか野呂知事とか、好きな政治家がたくさんいます。
政党とかじゃなくて、どんな人なのかということで勝手に思っているだけですが。

 確かに活動を始めたころの私たちは、何も知らないのに自分たちの要望をお願いしまくりでした。
それから6年もの間、「道路特定財源って何?」から始まって、暫定税率や使い道やら道路構造基準のこととかまで、本当にいろいろ勉強をしてきました。その上で、本当に必要な道はどこなのか、なぜ必要なのか?とか考えながら続けてきたんですね。役所の手先かとも言われたりして、結構、大変でした。

 で、さっきの古賀先生が、先週の金曜日に亀山市に来られて短い講演をされたんですが、一緒に聞いていた私の知り合いの人達も、「テレビで見るのと違って、温厚なええ顔をしてるなー。」とか「義理人情に厚い」と言ってました。つまり、実際に話を聞いた人たちがそれぞれに感じたことだから、実感なんだと思います。でも
テレビで毎日、いろんな話が飛び交ってるから、どうしても、皆、それを鵜呑みにしてしまう傾向がありますよね。
 そうじゃなくて、本当に自分で見たり、聞いたりしたことを、自分で考えて判断して、何の答えでも出したいものだとつくづく思っています。
# by ys-sekkei | 2009-07-13 15:38